【信頼できる寄付先は?】コロナ禍のタイ観光地の象さんを救う方法 | nanase for life

【信頼できる寄付先は?】コロナ禍のタイ観光地の象さんを救う方法

タイの象へ寄付メイン画像 動物を救う活動

タイの観光地の象さんが、コロナの影響で観光収入が減って餌代に困っているというニュースをネットで見つけました。象さんが大好きな私は、「実際にはタイで何が起きているんだろう?」「ニュースが事実なら寄付したいけど、信頼できる寄付先ってどこだろう?」と思ってネットで情報を探しましたが、なかなか情報が見つからず…。

 

そんなとき、以前参加したボランティアの繋がりで「象との絆」という団体の代表の雲津様とご縁を頂き、お話を伺う機会を得ることが出来ました。雲津様に教えて頂いたタイの現状、そして現地の象さんを救うために日本にいる私達が今出来ることを、3分で読める内容にまとめました

タイの象さんの現状

ネットニュースで、痩せてしまったタイの象さんの写真を目にしたけど…実際にタイではどんなことが起きているのかしら?

 

タイの象さんを支援している団体「象との絆」の代表の雲津様に、団体が支援している「タイエレファントホーム」の現状を教えて頂きました。

・観光収入が減り餌代が不足
・タイ政府からの支援金は1回のみ
・資金繰りに困窮している
・海外観光客受け入れ開始はまだ困難
・特に乾期は餌に困る

 

収入がない中で、スタッフの方の生活費に加えて、象さんの餌代も確保するのは本当に大変そうだね。

 

タイ政府から観光業従事者への支援金の支給は1回のみで、資金面で困窮した現地のマネージャーから雲津様へ、資金協力の依頼があったそうです。

 

タイ政府は2021年10月から海外観光客の受け入れを発表しましたが、現地の人達は恐らく難しいだろうと考えているとのことでした。

 

タイでは現在「デルタ株」の感染が拡大していて、観光業への影響はまだまだ続きそうだよね。

 

雨期(4月~10月頃)は周りにある山の草を餌にすることも出来るようですが、乾期(11月~2月頃)は象さんが食べる草が生えて来ないので、餌を山に頼ることが出来ないそうです。

 

草を食べる象さん

信頼できる寄付先

タイの象さんの力になりたいけど、寄付をするならどこにすれば良いんだろう?信頼できる寄付先を見つけるのってなかなか難しい…。

 

2012年に「タイの象たちを幸せにしよう」という想いでボランティア団体「象との絆」を設立した雲津様に、信頼できる寄付先の情報を教えて頂きました。

タイエレファントホーム
https://thaielephanthome.com/

 

日本の観光客を多く迎え入れている

・チェンマイ1と言われる象遣いがいる

国の森林問題解決に尽力している

象と人と自然の共存を目指している
象病院の獣医師と協力し象のレスキューをしている

 

象さんとキス

 

タイエレファントホームは、雲津様が長年のお付き合いの中で寄付するに値すると思い、10年以上支援を続けていらっしゃる場所です。タイエレファントホームには17頭の象さんがいますが、そのうちの2頭が現在重病を患っているため、皆さまからの支援が本当に助かっているそうです。

 

タイエレファントホームについて、雲津様が次のようにお話して下さいました。

 

タイにはエレファントキャンプが50以上あります。私は「どうやったらタイ全土の象を幸せに出来るんだろう?」と、タイエレファントホームのマネージャーのジョーに相談したことがあります。するとジョーは「僕たちのキャンプはタイ全土の象の情報を集めていて、レスキューもしているよ。」と話してくれました。その話を聞いて、「色々なキャンプを支援するより、ここのキャンプに集中して支援をしていこう」と思ったんです。

 

タイエレファントホームは日本人客が多いため、日本人の象への想いをとても理解してくれているそうです

 

タイエレファントホームへは、「象との絆」を通して寄付が可能です。詳細は「3種類の支援方法」の段落で詳しくご紹介します。

タイエレファントアライアンス
Thai Elephant Alliance Association

 

「もし、1つのキャンプへの支援ではなく、タイ全土の象達へ行き渡るような他の寄付先をお探しであれば…」と、雲津様がもう1つご紹介下さったのが「タイエレファントアライアンス」という組織です。

 

世界中から寄付が集まる組織
タイ全土の象へ食料を運んでいる
・昼夜問わずトラックを走らせている
・医療チームが象の体調管理もしている
 

ホームページは英語だけど、象さんを助けている動画や写真が沢山載っているから活動内容が分かりやすいね!

 
タイエレファントアライアンスにも、「象との絆」を通して寄付が可能です。詳細は「3種類の支援方法」の段落で詳しくご紹介します。
象との絆
象との絆~タイの象を幸せにするボランティア~
タイの象を支援するボランティア

 

今回お話を伺った雲津様が設立された「象との絆」の活動についても少しご紹介をさせて頂きます。

 

象専門のクリニック設立
・象が鎖で繋がれる時間を減らす試み
コロナ禍のキャンプ支援
・支援グッズ開発・販売
現地に寄り添った支援を実施
 
2015年には、現地スタッフと話し合いを重ねながら、象専門のクリニック「KIZUNAクリニック」をタイのメータマン村に建設。
 
KIZUNAクリニック
 
2019年からは、象の鎖での拘束時間を少なくするためのプロジェクトを開始されましたが、現地からの要請に応え、2020年6月以降はコロナ禍のキャンプ経営支援に尽力されています。
 

雲津様のお話を伺い、象さんが大好き!という気持ちと、「現地の方に寄り添った支援がしたい」という想いが伝わってきました。

 
象の絆のInstagramアカウントはこちら↓

 

https://www.instagram.com/kizuna_elephanthappylife/
信頼できる理由

「象との絆」さんが信頼できると感じた理由は3つあります。

 

①詳細な活動報告

 

団体のホームページに、頻繁に具体的な活動報告を掲載して下さっています。

 

象との絆
タイの象を支援するボランティア

 

活動報告をしてもらえると安心だよね。HPにはプロジェクトの進捗も詳しく載っているね!

 

②グローバルマーチ

 

一昨年私がボランティアとして参加した「グローバルマーチ」というイベントに、「象との絆」さんも参加されていました。

 

グローバルマーチ
毎年10月4日前後に開催される、絶滅の危機にあるゾウとサイのためにマーチを行うという130以上もの国や都市が世界同時に行うイベント

 

私が当日撮影したイベントの写真↓

 

グローバルマーチ1

 

グローバルマーチ2

 

③代表の雲津様とお話

 

そして、何よりも直接お話を伺い、雲津様の「象を幸せにしたい」という優しいお気持ちに触れて、とても共感しました!

3種類の支援方法

コロナ禍のタイの象さんを支援する3つの方法をご紹介します。

寄付

①現地に直接

 

PayPalアカウントをお持ちの方は、タイエレファントアライアンスへは直接寄付が出来ます。

 

ホームページのHOME画面にPayPalのQRコードが掲載されています。以下のリンクからも寄付が可能です。

 

PayPal.Meを使用したThai Elephant Alliance Associationの支払い
paypal.me/thaielephantallianceにアクセスして金額を入力します。PayPalなので、より簡単かつ安全です。PayPalアカウントをお持ちでない場合心配ございません。

 

 

②「象と絆」を通して

 

タイエレファントホームへの寄付は「象との絆」を通して行うことをお勧めします。(ホームページのDonation画面からPayPalで寄付できる仕様になっているのですが、私のPCからはエラーメッセージが出てしまい寄付出来ませんでした)

 

「象との絆」支援金振込先
■ゆうちょ銀行
(記号)10530-
(番号)56284641
(名義)クワームプークパンガップチャーング

■他銀行から振込の場合
(店名)〇五八【読み ゼロゴハチ】
(店番)058
(預金種目)普通預金
(口座番号)5628464
(名義)クワームプークパンガップチャーング
※支援は1口500円から可能

 

※「象との絆」への寄付金は、原則タイエレファントホームの支援に使われますが、「象との絆」を介してタイエレファントアライアンスへの送金も可能です。ご希望の場合は、下記のメールアドレスへその旨ご連絡ください。

 

「象との絆」メールアドレス
kizuna@elephanthappylife.com
 
「象との絆」コロナ支援の寄付に関する詳細はこちら
グッズ購入

寄付だけでなく、可愛いグッズを購入して支援する方法もあります!

 

「象との絆」のショップでグッズを購入することで、タイの象さんを支援出来ます。商品のラインラップも豊富で、ワクワクするようなグッズがいっぱいです♪

 

Tシャツ

 

マスク

 トートバッグ

 

グッズ購入はこちらから↓

kizuna shop
象グッズを購入してタイの象を支援できるKIZUNAショップ
会員になる

「象との絆」の会員になることでも支援出来ます。会員費のほとんどが寄付金になります

 

子象会員
入会費(年会費含):3,000円

象会員
入会費(年会費含):5,000円
 
カード
 

会員になると、可愛いメンバーズカードポーチがもらえるなど特典がいっぱい!詳細は以下の会員募集ページをご参照ください。

餌代ってどれくらい?

象さんって沢山食べるイメージがあるけど、餌代ってどれくらいなのかしら

 

100円:1頭分のバナナ
200円:10茎のサトウキビの束を1つ
1,000円:1日に必要な2頭分の草
10,000円:全ての象のための1日分の草
※「象との絆」HPより引用
 

支援する際の参考になるね!

おわりに

象さんって家族想いで優しくて、私は象さんが大好きです!

 

「象との絆」さんのホームページに、雲津様がタイで撮影された可愛い象さんの写真が沢山掲載されています。ぜひご覧ください♪

 

象との絆
タイの象を支援するボランティア

 

象さん1

 

象さん2

※本ブログの写真は全て「象との絆」代表の雲津様の許可を頂いて使用しています。

 

コロナ禍で支援を必要としている人々や動物たちは世界中にいると思いますが、まずは自分の「この人・動物の力になりたい」という心の声を大切に、出来ることから少しずつ行動をしていけたらいいなと思っています。このブログが、似た想いを持っている方の何か少しでも参考になりましたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました